年齢肌の原因

肌のくすみやたるみ、シミやしわ、年齢を重ねるとこれらが気になってきます。年齢肌の原因は、加齢による水分不足、コラーゲンの減少、紫外線によるダメージなど複数の原因が重なって、肌のターンオーバーが衰えてきます。肌の保湿力の低下に対しては、水分を補う必要があり、コラーゲンの減少についても体内でできる量が減ってきますから、食事やサプリメントなどで補わなくてはなりません。

紫外線によってシミやしわができることが知られています。紫外線を防ぐことも、肌対策としては重要です。特に、5月以降から夏にかけて紫外線の量が増えますから、紫外線対策が必要になってくるでしょう。夏だけでなく、秋や冬でも紫外線が強いときはありますから、常に紫外線に気をつけることでも肌の状態はかなり違ってくるでしょう。

肌のくすみやたるみについては、年齢を重ねた肌は細胞の力が弱くなってきており、栄養が十分に行き渡らなくなります。また、水分が足りないと肌は乾燥しやすくなり、皮脂を過剰に分泌します。毛穴に余分な皮脂や古くなった角質などの老廃物が蓄積されて肌のくすみとなってあらわれます。栄養や水分が足りなくてハリのなくなった肌は、重力に耐えられず下方に落ちますから、たるみが増えることになるのです。ヒアルロン酸の働きをサポートするスキンクリームなどが販売されていますので、上手く取り入れて対策を行っていきましょう。