年齢肌をチェック

自分の年齢肌が何歳ぐらいのものなのかをチェックできます。何を調べるかですが、肌のタイプ、食べ物の嗜好、睡眠の状態、スキンケアの内容などになります。

肌のタイプは、「乾燥肌・普通肌・脂性肌」に分かれます。加齢に伴い水分が不足してきますから、多くの人は「乾燥肌」になる傾向があります。しかし、皮脂の分泌の激しい人などは、「脂性肌」に該当するかもしれません。普通肌はその中間の層となりますが、「混合肌」と言って乾燥している部分と皮脂の分泌の多い部分がまじっている場合があります。一般的に、おでこから鼻にかけたTゾーンは皮脂の分泌の多い部分で、乾燥肌と言っても脂っぽい部分もあります。

食べ物の嗜好なども、肌の状態に関係してきます。食事の頻度や食べる量、食事の内容によってその人の体質が決まってきますから、食事内容を見直す必要もあるでしょう。睡眠の状態ですが、睡眠不足は美容の大敵です。毎晩ぐっすり眠れているかどうかで肌の状態が違ってきます。スキンケアも毎日しっかり行っている人と手抜きが多い人とでは、肌に違いが出てくるようです。

以上の点からチェックしてみると、だいたいその人の年齢肌がいくつになるかがわかります。同じ年齢でも、日頃の手入れが十分な人とそうでない人とで、肌年齢に違いが見られます。

年齢肌の老化対策

年齢肌は、加齢に伴う水分の不足やターンオーバーの衰えが原因で起こります。誰でも年を取りますから、普段から適切なスキンケアを行うことで、ある程度肌の衰えを予防することが可能です。ただ、肌は一人一人状態が異なっていますから、自分の肌に合ったスキンケアを行う必要があります。肌に合わないスキンケアを行っていると逆効果です。

若々しい肌を保つためには、適切なスキンケアでターンオーバーの衰えを防ぐことが大切です。女性は高価な化粧品を購入したり、美容成分が多く含まれているサプリメントを飲んでみたりしますが、基本的なスキンケアができていなければ、肌に対する効果的な成分の作用については難しくなるでしょう。

まず、あなたの年齢肌が何歳ぐらいなのかをチェックしてみてください。その年齢肌に合った対策が必要になります。実年齢が若くても不規則な生活をおくっていれば年齢肌は上がりますし、食事や普段の生活習慣で努力を重ねていれば、年齢肌が進行するのをストップすることが可能です。

肌年齢がいくつなのかがわかったら、その年齢肌に合った予防を行いましょう。予防方法として、スキンケアや紫外線対策のようなものがあげられます。適切なスキンケアを行うことと、外出時に降り注ぐ紫外線を予防することは必須です。スキンケアや紫外線対策をきちんと行った上で食事や運動、睡眠といった日頃の生活習慣を見直すことで、年齢肌を下げることが可能になるでしょう。当サイトでは、年齢肌についてさらに詳しく解説します。